読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

障害者 & 難病患者 tomoのブログ【ともに きなりに】

難病 ギラン・バレー症候群を患い、障害者になったtomoが『障害は「障害」じゃない。ありのままの自分で、思いのままに生きよう。』をコンセプトに日々を綴るブログです。自身の大病経験と、元企業人事→→現在社会保険労務士を目指している経験から、「ある日突然、大病を患った方およびそのご家族」のお役に立つ情報等も書いていきたいと思います。

「障害者はいた方がいい」という事実を、コツコツ積み重ねていこうとする人がいます。ぷかぷか理事長 高崎さんの「ぷかぷか日記」9月5日の記事にて。

tomo自身のこと 障害者について思うこと

f:id:tomoecru:20160727181922j:plain

こんにちは。障害者で社労士タマゴの、tomoです。
 
先日の記事でご紹介した「ぷかぷか」高崎さんのブログで、とても素敵な記事を見つけました。
 
 
以前、高崎さんが tomo について取り上げてくださった時の記事はこちら。
 
 
そして9月5日のぷかぷか日記では、こんな記事がUPされていました。
 
ぎゅっと心が動かされる、力強い決意を感じる、そんな記事です。
 
 
高崎さんの言葉を引用します。

「障害者はいない方がいい」「障害者は生きていても意味がない」「障害者は不幸で価値が低い」「障害者は社会の負担」といった考えに対しては、言葉による批判だけでなく、そうではないという事実をこつこつ作っていくしかないと思います。 「障害者はいた方がいい」という事実、「障害者は生きている意味がある」という事実、「障害者は不幸ではない」という事実、「障害者は価値がある」という事実、「障害者は社会の負担ではない」という事実を作っていく、ということです。そしてそれに共感する人を少しずつ増やしていく、ということです。社会はそうやって少しずつ変わっていくのだと思います。

「障害者はいた方がいい」という映像をつくります。 - ぷかぷか日記

  

ぷかぷかは「障がいのある人たちとは一緒に生きていった方がいいよ」というメッセージを日々発信し続けています。そしてメッセージ通りの事実を作ってきました。 ぷかぷかのお店は障がいのある人たちと街の人たちの出会いの場として位置づけ、彼らとのいい出会いの中で「ぷかぷかが好き!」とか「ぷかぷかのファン」という人たちを街の中で増やしてきました。 彼らと一緒にパン作りをするぷかぷかパン教室は、地域の参加希望者が多すぎて困るほどになっています。彼らと一緒にパン作りをすることが楽しいのです。 運動会も参加希望者が多く、食事を取るスペースの確保に頭を悩ませています。彼らと一緒にやる運動会が、なんだか底抜けに楽しいのです。 区役所でのパン販売のお店に行列ができるのは、パンのおいしさに加え、やはりパンを販売する彼らの魅力故だと思います。彼らの働く姿や、ひとことふたこと交わす会話に心癒やされるのだと思います。 演劇ワークショップでは彼らと一緒だからこそ創り出せる芝居を半年かけて創り、舞台で上演してきました。これはもう彼らがいないと創り出せない新しい文化といっていいと思います。あの舞台を前に、「障害者はいない方がいい」「障害者は生きていても意味がない」「障害者は不幸で価値が低い」「障害者は社会の負担」などといった言葉はほとんど意味を持たなくなります。

「障害者はいた方がいい」という映像をつくります。 - ぷかぷか日記

 

相模原障害者殺傷事件に対して、通り一遍のメッセージで終わらせるのではなく、「それは間違っている」ということを何度も何度も言い続け、「障害者はいた方がいい」という事実を作り続ける必要があると思っています。そのために映像のチカラをぜひ借りたいと思うのです。あなたには生きている価値がないなどといわれ、無残に殺されていった人たちの無念を本気で晴らしたいのです。

「障害者はいた方がいい」という映像をつくります。 - ぷかぷか日記

 

 

tomo は、ある決意を持って、このブログを立ち上げました。
(その決意は、初めの記事にちょっぴり書きましたが、全容はまだブログ上には書いていません。もう少し機が熟したら、やがて書かせて頂きますね)
 
↓↓の以前の記事にも書きましたが、その決意を持ってブログを始めた奇しくもその日に、相模原障害者殺傷事件が起こったのです。
 
 
ブログを立ち上げた日は、ただ事件に対する驚きと、ブログという船を漕ぎ出した精一杯さで深く考察するに至りませんでしたが、今になって思い起こしてみると、ブログを立ち上げた日にあの事件が起こったことは、とても深い意味があるような気がしています。
 
高崎さんのお考えで、すごく共感を覚えるのは「通り一遍の言葉で終わらせず、何度も何度も自分の言葉で言い続け、言葉に沿った事実・現実を積み上げ続けていく」という姿勢です。
 
言い続ける。
そして、言葉だけでなく事実を作り続ける。
 
薄紙を重ねていくような行動でも、
続けていけば、
それはやがて大きな塊にも、うねりにもなる。
 
tomo も、そう信じて、日々を懸命に生きながら、ブログを更新していきます☆
 
 
それでは、今回はここまで。
最後までお読みいただきありがとうございました!
またブログでお会いできることを楽しみにしています♪
 
 
tomo
 
↓↓ tomoブログ【ともに きなりに】の読者になる

 
 
↓↓ tomoブログ【ともに きなりに】の読者になる