読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

障害者 & 難病患者 tomoのブログ【ともに きなりに】

難病 ギラン・バレー症候群を患い、障害者になったtomoが『障害は「障害」じゃない。ありのままの自分で、思いのままに生きよう。』をコンセプトに日々を綴るブログです。自身の大病経験と、元企業人事→→現在社会保険労務士を目指している経験から、「ある日突然、大病を患った方およびそのご家族」のお役に立つ情報等も書いていきたいと思います。

ボート(ローイング)【初心者にもわかるパラリンピック競技紹介】競技の概要やクラス分け・ルール、リオ大会に出場する日本代表選手をピックアップ!(リオデジャネイロ2016パラリンピック情報☆その20)

f:id:tomoecru:20160908133951j:plain

こんにちは。障害者で社労士タマゴの、tomoです。
 
ここ数日、PCの前に座って執筆していることが多く、腰がちょっとしんどくなってきました。それから、旦那さんのKeiくんの目も…(苦笑)はい。ブログだけじゃなく、ちゃんと家事もやりますよ〜。手が不自由だからって、それが「できない」ことの言い訳にならないのが、我が家の厳しいところ(涙)
 
でも今晩試合開始する競技で、もうひと競技、日本人の代表選手が出場するものがありますからね。それだけは絶対寝る前までに記事アップしたいから。もうひと頑張りします。
 
地球の裏側で頑張るパラアスリートに、少しでもエールを送れるように。
tomoブログ【ともに きなりに】では、パラリンピック開幕に向けて、毎回ひとつずつパラリンピック競技を取り上げてご紹介しています。
 
これまで全くパラスポーツに知識がなかった人にも、わかりやすいように書くことを心がけていますので、tomo と一緒に各パラリンピック競技を知って、一緒に日本から声援を送りましょう〜。
 
この記事では、ボートをご紹介します!
 
ちなみに余談ですが。パラリンピック競技には、ボートとカヌーが存在します。これって全く別の競技なんですよ〜。ご存知でしたか?(tomo は恥ずかしながらこの記事を書き始めるまで知りませんでした。恥ずかしい…。まぁ、そんな tomo 自身がめっちゃ初心者ですので、そんな素人目線で分かりやすく書くことを努めていますので、気軽な気持ちで読み進めてくださいませ)
 

f:id:tomoecru:20160909191758j:plain

 
 
■ ボート(パラリンピック競技)
パラリンピックボート競技は、名ローイングとも言われます
そういえば、確かに昔、英語の授業で“ Row, row, row your boat 〜“ という歌を習ったような…。(先ほど、tomo がボートとカヌーの違いがわからなかった…という話をしましたが、ボートに使われる動詞は一般的には row 、カヌーに使われる動詞は paddle のようです♪)
 
いきなり話が逸れましたが、パラリンピックのボート競技(ローイング)は、肢体不自由、視覚障害の選手が対象となり、1人、または複数の選手でボートを漕ぐ競技です。
種目は、4人のクルー(漕手)と指示を出す1人の コックス(舵手、健常者が務めてもよい)による「コックスフォア」、2人のクルーによる「ダブルスカル」、1人のクルーによる「シングルスカル」の3種類があります。
 
競技はブイ(浮標)で仕切られた6つの1000m直線レーンで行われ、ボートの先端がゴールラインに到達した順序で勝敗が決定します。
 
ボート競技(ローイング)は、選手は障害の程度によって競技種目のクラス分けがなされます。クラスは3種類あります。腕と肩のみで漕ぎ、歩行ができない車椅子の選手(腕のみが機能する選手)が対象の「ASクラス」、胴体と腕を使って漕ぐことができる下肢切断、脳性麻痺の選手体幹・腕が機能する選手)が対象の「TAクラス」、片足と胴体、腕を使って漕ぐことができる上下肢障害、脳性麻痺視覚障害の選手(片下肢・体幹・腕が機能する選手)が対象の「LTAクラス」です。
 
シングルスカルのみ男女別に競技が行われ、コックスフォア、ダブルスカルは男女混合で実施されます(3種目4競技)。シングルスカルとダブルスカルはそれぞれの漕ぎ手は漕ぐために用いるオールは両手に持つ「両手漕ぎ」。コックスフォアは、4人それぞれが1本のオールを持って漕ぐ「片手漕ぎ」で行われます。
 
またまた余談ですが。ボートで用いられる漕ぐ器具は、オールです。そしてカヌーで使われるのが、パドルです。(やっぱりカヌーは paddle と縁が深いのですね!)
 
 
ボート競技(ローイング)は、2008年の北京パラリンピックから、正式競技となりました。他のパラスポーツと比べると歴史の浅いボート競技(ローイング)ですが、日本は、パラリンピックには北京大会、ロンドン大会、そしてリオ大会と3大会連続で代表選手を送りこんでいます。ぜひ今晩から始まるリオ大会でも、日本人代表選手に頑張って欲しいです。
 
リオデジャネイロ2016パラリンピックに、日本から出場するのは下記の2選手です。
✔︎ 駒崎 茂(こまざき しげる)選手(54歳)
✔︎ 有吉 利枝(ありよし りえ)選手(36歳)
駒崎選手、有吉選手、頑張って下さい!!
 
ボートは、日本時間で9月9日(金)から3日間の日程で実施されます。 
リオ大会のボートの詳細なスケジュールはこちら!
 
障害者のボート競技に関してご興味がある方は、下記の団体が日本での代表団体となります。
 
ちなみに。後日UPしたカヌーの記事は、こちら
 
 
ご縁があってこのブログに辿り着いて頂けた方は、ぜひ、障害を持った Super humans が大活躍をするパラリンピックにも注目して頂けたら、これ以上の喜びはありません!
 
リオ2016パラリンピックについては、記事をあげ次第、順次こちらにリンクを貼っていきます。↓↓
 
 
テレビ放映のスケジュールも、まとめ&詳細を載せていますので、ぜひ上記の記事をブックマークしておいて頂けると嬉しいです。
記事に関するコメントも大歓迎です!
一緒にパラリンピックを盛り上げていきましょう!
 
 
「突然大病を患ったら…」シリーズの記事(傷病手当金・高額療養費・雇用保険(失業保険)・障害者手帳障害年金など)について読まれる方は、こちらのリンク↓↓をご覧下さい。
 
 
  
それでは、今回はここまで。
最後までお読みいただきありがとうございました!
またブログでお会いできることを楽しみにしています♪
 
そろそろKeiくんが帰ってきます…。ご飯作らないと。今夜のメニューは八宝菜です♪
 
tomo
 
↓↓ tomoブログ【ともに きなりに】の読者になる

 
 
↓↓ tomoブログ【ともに きなりに】の読者になる