読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

障害者 & 難病患者 tomoのブログ【ともに きなりに】

難病 ギラン・バレー症候群を患い、障害者になったtomoが『障害は「障害」じゃない。ありのままの自分で、思いのままに生きよう。』をコンセプトに日々を綴るブログです。自身の大病経験と、元企業人事→→現在社会保険労務士を目指している経験から、「ある日突然、大病を患った方およびそのご家族」のお役に立つ情報等も書いていきたいと思います。

【速報】ウィルチェアーラグビー(車いすラグビー)第3戦アメリカ戦結果・準決勝予告。Live観戦後、興奮冷めやらぬうちに…(リオデジャネイロ2016パラリンピック情報☆その34) 

パラリンピック 障害者スポーツ ウィルチェアーラグビー

f:id:tomoecru:20160908133951j:plain

こんにちは。障害者で社労士タマゴの、tomoです。
 
延長戦の末、負けたーーーーーーーーーーーーーーーー!!!!!
 
tomo は、Live で応援していました!!
ものスゴーーーーーク、熱くなる試合でした。
 
世界ランキング1位のアメリカに全く競り負けないどころか、
日本がリードする場面も見られました。
 
延長戦の途中で、日本にミスがあり
激闘の末、試合を落としました。
 
ものすっごく、悔しい!!!!
 
でも、日本はすでに準決勝進出は決めています。
 
今日の試合、勝って準決勝を有利に進めたいところでしたが、
これで決定的に不利になったわけではありません。
 
むしろ、第1戦スウェーデン戦、第2戦フランス戦で課題を残して勝利を挙げてきた中、
今日の試合は、強敵 アメリカ相手にものすごく良い試合をしていました。
これまでの課題をきっちり潰してきた、日本のとても良い面が出ていた試合でした。
 
キャプテン池透暢選手も、「手応えを感じる」と試合後のインタビューで語っていました。
池選手のインタビュー中での表情。スタジオのゲストが「うっすら涙が浮かんでいるように感じた」と語っていましたが、滲む汗と疲労の向こう側に、巨人アメリカを捉えた手応えと、でもそれをタッチの差で逃したものすごく大きな悔しさが、強く滲んでいるように、tomo は感じました。
 
ウィルチェアーラグビーは、もともと8チームがパラリンピックの舞台で戦います。
8チームが2つの予選リーグ(A組、B組)に分かれて戦い、それぞれのリーグの上位2チームが準決勝に進出。準決勝では、A組の1位通過のチームと、B組の2位通過のチームが対戦し、同様に、A組2位とB組1位が試合を行います。
 
日本は予選リーグB組をアメリカに次いで2位で勝ち進みますので、次の準決勝戦では、予選リーグA組の1位通過のチームと勝負することになります。おそらく、A組は前回ロンドンパラリンピック金メダルのオーストラリアが勝って1位通過してくるでしょうから、準決勝でオーストラリアを下し、決勝で再度アメリカと対戦し、金メダルを獲得…という流れになりますね…?!
 
もちろん。A組はこのあと試合を行いますので、準決勝の対戦相手はまだわかりません。
オーストラリアとの対戦になっても、カナダとの対戦になっても、次の準決勝では今のチームが持っているすべてを出し切って、勝って欲しい!!!心から、そう願っています。
 
祈りよ。届け!!!!
 
★ 追記 ★
注目の、ウィルチェアーラグビー日本代表の準決勝のカードが決まりました。
 
✔︎ 日本 × オーストラリア戦 : 9月18日(日)4:00am
 
NHKでも、Liveでテレビ放映します。
tomo は明日も早朝、頑張って起きてテレビで観戦します!
 
やはり、予想通りA組はオーストラリアが勝ってきましたね。
日本の準決勝の相手は、前回ロンドンパラリンピックの覇者、オーストラリアです。
 
そして今日、日本を1点差で破ったアメリカは、カナダと一歩先に決着をつけます。
✔︎ アメリカ × オーストラリア戦 : 9月18日(日)0:45am
 
現在の世界ランキングは、下記の通り。
 1位 アメリカ
 2位 オーストラリア
 3位 日本
 4位 カナダ
 
順当に上位国が準決勝に駒を進めます。でも、なんせ日本はアメリカ相手にあの素晴らしい試合をしていますからね☆ オーストラリア戦も相当な苦戦を強いられるとは思いますが、日本だって相当強い!!選手陣、そしてコーチやスタッフの皆さんの力を信じています。
 
そして。
tomo はまだまだウィルチェアーラグビー初心者なので、専門的な解説は力不足でできないのですが。tomo も大好きな黒柴スポーツ新聞編集局長さん(id:tf-zan96baian-m-stones14)が現役記者さんの目線できっちりとアメリカ戦の模様をレポートしてくださっています。

tf-zan96baian-m-stones14.hatenablog.com

 

黒柴スポーツ新聞編集局長さんの記事は、ただの実況とは違う、ポイントを押さえたキレのある試合レポートです!ぜひご覧くださいね☆

 
tomo
 
↓↓ tomoブログ【ともに きなりに】の読者になる

 
 
↓↓ tomoブログ【ともに きなりに】の読者になる