読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

障害者 & 難病患者 tomoのブログ【ともに きなりに】

難病 ギラン・バレー症候群を患い、障害者になったtomoが『障害は「障害」じゃない。ありのままの自分で、思いのままに生きよう。』をコンセプトに日々を綴るブログです。自身の大病経験と、元企業人事→→現在社会保険労務士を目指している経験から、「ある日突然、大病を患った方およびそのご家族」のお役に立つ情報等も書いていきたいと思います。

射撃【初心者にもわかるパラリンピック競技紹介】競技の概要やクラス分け・ルール、リオ大会に出場する日本代表選手をピックアップ!(リオデジャネイロ2016パラリンピック情報☆その16)

パラリンピック 障害者スポーツ 射撃

f:id:tomoecru:20160908133951j:plain

こんにちは。障害者で社労士タマゴの、tomoです。
 
今日は朝からずっと、愛用のMacbook Airと見つめ合う1日です。
ちょっと根つめすぎたので、我が家の癒しマロン(ミニチュアダックス♂)と、ちょっぴりいちゃいちゃしてきました(笑)
 
やっぱり、癒しは大事です。うん。
 
では、今日はまだまだ頑張りますよ〜!
日本時間で今晩から始まる、試合第1日目スタートの競技は、まだご紹介終わってないですからね〜♪
 
この記事では、射撃をピックアップします。
 
tomoブログ【ともに きなりに】では、パラリンピック開幕に向けて、毎回ひとつずつパラリンピック競技を取り上げてご紹介しています。
これまで全くパラスポーツに知識がなかった人にも、わかりやすいように書くことを心がけていますので、tomo と一緒に各パラリンピック競技を知って、一緒に日本から声援を送りましょう〜。
 

f:id:tomoecru:20160908213300j:plain 

 
 
■ 射撃(パラリンピック競技)
パラリンピックの射撃は、「ライフル」あるいは「ピストル」と呼ばれる銃器を用いて決められた弾数を撃って的を撃ち抜き、その得点を競い合う競技です。
 
射撃は、銃器の種類および的までの距離、打ち方などで種目が分かれています。
銃器は空気銃(エア)と火薬銃の2種類。的までの距離は、50m、25m、10mの3種類。そして撃ち方は、立って撃つ「立射(りっしゃ)」と、うつ伏せで撃つ「伏射(ふくしゃ)」があります。
男女別3種目と混合 6種目の計12種目があります。
 
パラリンピックの射撃に出場するのは、肢体不自由の障害者です。
障害の度合いによって、出場選手のクラス分けがなされており、自力で上半身を支え、銃器を保持し射撃することができる「SH1」、もしくはスタンドを用いて上半身を支えた状態で、銃器を保持し射撃する「SH2」のどちらかのクラスに出場します。車椅子の選手の場合は、立射を車椅子に座った状態で、伏射をテーブルにひじをついた状態で撃ちます。
 
1発撃つごとの満点は10点。
射距離10mのエアライフル種目で10点満点を狙うには、直径4.5mmの弾を的の中心にある、なんと直径わずか0.5mmのマークに命中させなければなりません。中心から離れるほど得点が低くなり、的から外れると得点は0になります。
 
パラリンピックに出場する選手は、いずれも非常に正確性の高い射撃を行うトップクラスの選手ばかり。そのため満点を出すことがほぼ大前提ともなっており、ひとつのミスが勝敗を分けるため、集中力やメンタルの強さも欠かすことができません。
 
 
リオデジャネイロ2016パラリンピックに、日本から唯一出場される選手がいます。
✔︎ 瀬賀 亜希子( せが あきこ)選手( 50歳)
瀬賀選手は、両股関節機能全廃、両手関節機能全廃、両手指経度機能障害をお持ちで、SH2のクラスに出場されます。瀬賀選手、頑張って下さい!!
 
射撃は、開会式の翌日、日本時間で9月8日(木)から7日間の日程で実施されます
リオ大会の射撃競技の詳細なスケジュールはこちら!
 
障害者の射撃競技に関してご興味がある方は、下記の団体が日本での代表団体となります。
 
 
ご縁があってこのブログに辿り着いて頂けた方は、ぜひ、障害を持った Super humans が大活躍をするパラリンピックにも注目して頂けたら、これ以上の喜びはありません!
 
リオ2016パラリンピックについては、記事をあげ次第、順次こちらにリンクを貼っていきます。↓↓
 
 
テレビ放映のスケジュールも、まとめ&詳細を載せていますので、ぜひ上記の記事をブックマークしておいて頂けると嬉しいです。
記事に関するコメントも大歓迎です!
一緒にパラリンピックを盛り上げていきましょう!
 
 
「突然大病を患ったら…」シリーズの記事(傷病手当金・高額療養費・雇用保険(失業保険)・障害者手帳障害年金など)について読まれる方は、こちらのリンク↓↓をご覧下さい。
 
 
 
それでは、今回はここまで。
最後までお読みいただきありがとうございました!
 
またブログでお会いできることを楽しみにしています♪
(今晩中に、もう少しだけ行けるかな〜!?) 
 
tomo
 
↓↓ tomoブログ【ともに きなりに】の読者になる

 
 
↓↓ tomoブログ【ともに きなりに】の読者になる